大分市 リフォーム 補助金

大分市でリフォームをするなら補助金をチェック!

 大分市で自宅のリフォームをお考えですか?
それなら、市の補助金に該当するものがないかチェックしてみましょう。



災害から家族の命を守りたい
汲み取りトイレとおさらばしたい
雨水を有効活用して上水道の利用を節約したい
体が不自由になっても住み慣れた我が家で暮らし続けたい



 現在、そんな皆さんの思いに応えるためのリフォーム補助金が大分市には用意されています。


 行政サービスは積極的に調べてこちらから行動を起こさないと恩恵にあずかれないものが多いですよね。うかうかしていると受付期間が終了してしまったりもしますので、市の広報などはこまめに目を通して、お得な行政サービスの情報はしっかりチェックしておくようにしましょう。

 行政機関が行う補助金事業の支給を受けるまでには申請書類の作成など面倒なところもありますが、良心的なリフォーム店であればそうしたことにもアドバイスを受けながら一緒に対応してもらえるので、リフォームの施工をどこにお願いするかは慎重に検討したうえで依頼する必要があります。

 悪質な業者も非常に多いリフォーム業界ですので、お店選びは慎重に行いたいものです。
頼みもしないのに訪ねてくるセールスマンや、電話でのキャッチセールスシロアリ被害や耐震無料診断なども悪徳業者の常套手段ですし、期間限定キャンペーンなども冷静な判断を妨げるので要注意です。

契約は急がず、あくまで冷静な判断の上で必ず比較検討を行うようにしましょう。


リフォーム ホームプロ



大分市のリフォーム補助金


 それでは以下に現在受け付けが行われている大分市のリフォーム関連の補助金をリストアップしてみますのでご参照下さい。
情報提供ということで子細な説明は省いていますが、該当しそうな補助金がありましたら市のホームページなどで詳細をご確認下さい。


☆ 住宅の耐震診断および耐震改修補助金

 市内にある木造住宅で昭和56年5月31日以前に着工した一戸建て住宅の耐震診断または耐震改修工事を行う際、費用の一部を補助しています(※基本的には先着順)。

〈耐震診断〉
 補助金額: 耐震診断費用の3分の2以内(上限3万円)
 募集期間: 6月13日(月)〜12月26日(月)
 補助戸数: 40戸

〈耐震改修〉
 補助金額: 耐震改修工事費用の3分の2以内(上限80万円)
 募集期間: 6月13日(月)〜12月26日(月)
 補助戸数: 80戸  
 補助条件: 耐震診断の結果、評点が1.0未満のもの

 【お問い合わせ先】
  都市計画部 開発建築指導課
  電話:(097)537-5635 FAX:(097)534-6201


☆ 水洗便所改造助成金

 既設のくみ取便所や浄化槽を廃止して公共下水道に接続される方(新築は除く)に、助成金の交付を行っています(工事着工後の申請はできませんのでご注意ください)。

 対象者: 公共下水道へ接続するための排水設備工事を行う方

 【お問い合わせ先】
  下水道部 下水道営業課 排水設備担当班
  電話:(097)537-5641 FAX:(097)532-5251


☆ 雨水貯留施設設置補助金

 対象者の要件(下記を全て満たす方)
  市内において雨水貯留施設を設置する建築物と同一の敷地内に居住していること
  同一世帯の方が過去5年以内にこの補助金の交付を受けていないこと
  市税の滞納がないこと

 対象施設(下記を全て満たすもの)
  雨どいに接続し、屋根の雨水を貯留する施設
  貯留容量が100リットル以上
  設置から5年以上使用できるもの
  雨水タンクについては、水栓・オーバーフロー対応・転倒防止等の安全確保がされていること
  浄化槽転用施設については、水栓およびポンプ設備(自動停止機能を備えているもの)があること

 対象経費
  雨水タンクについては、製品の本体価格・付属品価格・設置費用・配送費・消費税等のすべての経費
  浄化槽転用施設については、雨どいからの配管工事等に加えポンプ価格・設置費・消費税等のすべての経費
  ※工具、脚立、作業台等の購入費用は対象となりません。

 補助金額
  対象経費の2分の1に相当する額(1,000円未満の端数は切り捨て)。
  但し、雨水タンクは25,000円、浄化槽転用施設は50,000円が限度となります。
  ※平成23年4月1日から、補助金の限度額が変わりました。

 【お問い合わせ先】
  下水道営業課(城崎分館3階)〒870‐0045 大分市城崎町二丁目3番4号


☆ 介護保険住宅改修費

 対象となる改造・改修にかかる工事費(20万円を限度)の9割が支給されます。
 
 対象者 : 介護認定を受けている方
 対象工事: てすりの取り付け・段差解消・滑り防止、移動の円滑化のための床材変更・引き戸等への扉の取り替え・洋式便器への便器の取り替え・上記に付帯して必要な工事

 【お問い合わせ先】市役所・長寿福祉課 13番窓口


☆ 身体障害者日常生活用具住宅改修費

 対象となる改造・改修にかかる工事費に対して、20万円を上限として支給される。

 対象者: 下肢・体幹に障がいがあり、障害者手帳3級以上の方
      乳幼児以前の非進行性の脳病変による運動機能障がいで、障害者手帳3級以上の方
      難病患者等で、かつ下肢・体幹に障がいがある方
 対象工事: てすりの取り付け・段差解消・滑り防止、移動の円滑化のための床材変更・引き戸等への扉の取り替え・洋式便器への便器の取り替え・上記に付帯して必要な工事

 【お問い合わせ先】市役所・障害福祉課 14番窓口


☆ 在宅高齢者住宅改造費助成金

 対象となる改造・改修にかかる工事費の9割が支給されます(上限18万円)。
 ※生活保護世帯は、率が異なります。

《申請期間》4月1日より毎月月末締切り・予算枠に達し次第締切り

 対象者: 65歳以上で世帯全員の所得税が非課税の自立高齢者(※介護保険認定申請者は対象外)

 対象工事:てすりの取り付け・段差解消・滑り防止、移動の円滑化のための床材変更・引き戸等への扉の取り替え・洋式便器への便器の取り替え・上記に付帯して必要な工事


☆ 在宅心身障害者住宅設備改造費補助金

 在宅の心身障がい者が日常生活において直接利用する住宅設備を、その障がい者に適するように改造する工事。

《申請期間》4月1日より毎月月末締切り・予算枠に達し次第締切り。

 対象者:身体障害者手帳3級以上の方(手帳の内容によっては、受けられないことがあります。)
     療育手帳のA1もしくはA2を所持している方

 1・2級,A1・A2・・・対象工事費の2/3の額、上限 80万円
  ★ 介護保険等の住宅改修費の給付対象者は、上限 66万6千円

 3級・・・対象工事費の2/3の額、上限 33万3千円
  ★ 介護保険等の住宅改修費の給付対象者は、上限 20万円
  ※生活保護世帯は、率・上限が異なります。
 
 【お問い合わせ先】市役所・障害福祉課 14番窓口



 上記のような補助金は対象リフォーム工事費用の何割かという形で支給されるもので、それぞれ支給額には上限もあります。信頼のできるリフォーム店で補助金の利用を前提として相談しながら進めるのが良いかもしれませんね。

リフォーム ホームプロ




 

サイトマップ